気ままに趣味のセッコク

アクセスカウンタ

zoom RSS ムギラン(Bulbophyllum inconspicuum Maxim.)

<<   作成日時 : 2016/07/01 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

学名を見ても解る様に国内自生のバルポ(洋蘭ではこの名前で東南アジアの品種が多数流通しています)

この固体も下落した個体を拾って育てています、ちなみに車道に落ちていました(笑)

画像


この固体はミズゴケで植えつけてありますが、本当はヘゴ板で着生させたいのですが、先ほども言った様に下落していたので弱りきっていて仕方なくミズゴケに植えつけました。

ミズゴケ植えだと非常に簡単に育成できるのですが、ヘゴ板・コルクなどで栽培しようとなるとこれが難しい、活着してしまえば簡単なのですが。

また、ヘゴ板ですとよっぽど環境の良い栽培棚で無ければ花が咲かないと言うのも確認していて、そこがミズゴケ植えだと簡単なのです、この写真も結実してるのがあるのでわかると思いますが咲きました。

花は米粒よりも小さいのですが私は「ムギラン」のこの姿が翡翠よりも綺麗に思えて・・・育ててしまいます。

それにしても、着生蘭をミズゴケで植え込むという考えを最初にした方は凄いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
緑屋さん

私のところのムギランは,へたくそすぎたために枯らしてしまいました。当分の間,やめておこうと思っておりましたが,もう少し大型の洋ランのバルボはちゃんとコルクやヘゴに活着して生きているので,もう少し練習して要領をつかんだら再度ムギランに挑戦してみようかと思っています。
電脳中年A
2016/07/03 18:42
電脳中年Aさん

私も昔はムギラン、失敗を何度も繰り返しました^^;
棚の環境に合うまで栽培が難しい品種だと思います、合えば簡単なんですけどもね。 

その時に失敗した要因は、相当大株になるまで日照量に敏感という事です、蘭で言うと・・・「クモクリソウ」「オオバノトンボソウ」などの 以外に暗い環境で育ててみてください、成功するはずです。
緑屋
2016/07/03 19:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムギラン(Bulbophyllum inconspicuum Maxim.) 気ままに趣味のセッコク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる