長生蘭 「瑞穂丸」

株立ちとしては今年ほぼ完成しました。 答え合わせと言う意味合いも含めて書きます。 2013年に写真投稿したこの小さな個体が6年でこの大きさまでになりました。 この時点では1㎝に満たないサイズでした。 自身で言うのも恥ずかしいですが、あのサイズの「瑞穂丸」をここまでのサイズ・株立ちに育てるのは至難の業で…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

葉持ちと根

葉持ちと根は相互関係にあります。 見てみましょう 羅紗品種ですが、今年の矢・葉にはほとんど農薬がついていないのが解りますね。 まあある程度の大きさなので根が出てしまっていると言われるでしょうが、この様な感じにならないですよね。 日照・湿度・散水がその品種にピッタリと合うとこういった見た目的な根の現象が起こります。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

小型鉢専用 「銅如雨露」

さて、、、、単なる素人でも頑張ればここまで作れるのです。 「銅如雨露」です。今年の冬にこのタイプは作りました。 おそらく、園芸愛好家で自分で「銅如雨露」制作までした方は、ほぼいないはずです。 今現在販売されている如雨露は2号鉢などの小さい鉢に対応していません、1鉢づつ散水は棚に置いたままでは不可能。 私自身はこうった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長生蘭 「姫金剛」

この5年前の最初の仕立てから見せて、完成形となりました。 なぜこの品種を数度定期的に出したかは、「長生蘭」中でも非常に栽培難しい品種として上げられる品種に数えられるからです。 知人や知り合いからも育成増殖は可能なれど、株立ちは無理だろうと、、、、そこに反発心で栽培をしました。 自信をもって、今現在での私の長生蘭栽培の集大成…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

長生蘭 さて? 何の品種だろう

左は「雷山」右は、、、、、、 土日になる前に書きたかったのですが、忙しくなってしまい金曜日になってしまいました。 そこで、何の品種か皆さん解りますか?コメントに品種名書いていただけると嬉しい。 間違っていてもいいです^^私もこの姿になるとは半分は想定していましたが、品種判別は非常に難しいと思います。 長生蘭に明治から…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

長生蘭「紫宸殿」

随分前に「紫宸殿」の説明で投稿した株をあの後株分けをし今回の株を仕立てました。 ある程度「長生蘭」を栽培している方なら解ると思いますが、暗まない(古矢)個体は作り難いです、さらに「紫宸殿」はいくら黒子(斑無し)が出にくい(私が前言いましたね)とは言えこの本数の株になると流石に多少は出ます。 私も秋には飴矢で無くな…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

長生蘭未登録「阿波の華」

諸事情により今回投稿しました。 写真を見て出来の状態を判断してください、今回は多くは書きません。 撮影した後に秋のために少し針金矯正をしました、まあこのままでもある程度の姿にはなっています。 追記 言葉で説明するのは限界がありますので写真で見ましょうか。 この大きさから株立ちにする作業が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

長生蘭 「富士丸」とは。

皆様、お久しぶりです。 長生蘭自体の投稿は、あえてしていませんでしたが余りにも「富士丸」の現状が酷い、、、、 そこで今年です、全国的に日照量が少ない今季に限って販売されている「富士丸」を見分けるのが容易になります。 ただ、昔の写真など販売されている写真をあてにしてはいけません、実際に購入する株の写真を見てください私が今年見…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

園芸用、竹ピンセット作り方(簡易版)

言葉で説明ができないのでここに作り方を書きます。 最初に考察しましたが、竹・・・・この素材を入手困難な方もいるために思案をしコンビニで飲食物等を購入した時に付いてくる物や竹割り箸として販売されている物。が代用品として使そうなので制作工程を残します。 今回はコンビニ(上の箸)の物を使いました。 使用する道具類 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

長生蘭 「牡丹獅子」の「雲龍牡丹」への挑戦(最新)

皆様お久しぶりです。 まともに記事に書くのは3年ぶりになり、また非常に申し訳ないですが定期で書くことはしません^^; インターネット上に残したいが為に記録として書きます。 私事ですが、この4年、、、、、、、1度限りで「牡丹獅子」から「雲龍牡丹」にしたのなら運ですが、数点しかも同時に別の株から飴矢に変化させれば「栽培…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

賀正

あけまして、おめでとうございます。 最近は時間があれば銅製の園芸用品を自分で作っています。 画像も自作品です
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長生蘭 「満月」

先月紹介しましたがあれは苗段階で今回株立ちにさせようとしている増殖株です 前の固体は個人的に不本意だったので、「満月」が本来どういった 大きさなのかをみせたかったので。 色々な栽培書に小型品種としてありますがあれは嘘ですと言うよりも大きくするのが難しいというのが本当のところです。 この品種は色々な総合面で問題が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長生蘭 「幽天」

この品種の紹介は今までしませんでしたが、とにかく作りにくいです。 「幽天」 「幽天(上視)」 また根痛みが意外と出るので、大きくするのが困難な品種ですが芽出しは良いので株立ちにはなります。 かと言って日照量多くして育つかと言えば育ちますが、「幽天」は特に葉焼けしやすく黒点病のようにあちらこちらに羅病したようになっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石斛 「石鎚達磨千鳥」

今回はここ数年栽培してみて性質などを判断して3年前から増殖をしています。 一番大きく育てた固体は① これが元の親株です② 等距離から撮影したので大きさと株自体の勢いがどれだけ違うかがわかると思いますが・・・・ 増殖した固体は元株のバック矢を3本とり4年前に矢伏せをしてこの大きさです、これは良くあることですが元…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長生蘭の作り (気になった事があったので)

少し作りに関して長々と書いても解らないと思うので、写真で判断してもらいましょう。 品種は私の好きな「青千鳥」です、この品種が作りによる差異が大きい。 まず前提として矮性剤などのホルモン作用する薬品は使用していません、これを見せると言う人がいるのですよ・・・・薬品使用したのでは?と・・・・・ ①最も作りを甘くした株です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長生蘭・石斛 針金での矯正 細矢品種

昨日も書きましたが、今日も朝からコツコツと針金での矯正をしているので気になった株があったでついで。 この写真を見ても解る様に盆栽用語だと「交差枝」「逆さ枝」になるのですが、まあこんな事を考えるのは長生蘭の趣味家の中でもごく一部(笑)多分そこまでつきつめない外周を針金で巻いて終わりと言うのが普通ですが私は気になり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長生蘭  針金での整え方

長生蘭「黒龍牡丹」です。  まだこの固体は成株にはなっていません、まだまだ草丈は大きくなります。 矯正の仕方が何処にも書いていなかったので、簡単な方法として紹介。 前説明はここまでとして、問題は墨流し系の草体の整え方周りに一周ぐるっと針金をかけるだけだと真ん中が開いてどうしても見た目がよくありません。 またこの系…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長生蘭 「牡丹獅子」小異変化 

「牡丹獅子」の小異変化ですが葉縁に覆輪らしき兆候がみられる。 葉先端まで片斑がいていないので多分?中斑の変則的な表れとして見ていますが2作したら矢伏せをしてこの葉の部分から芽出しさせたいと思います。こういった地道な作業の繰り返しがある日実を結ぶ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more